PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
どこいこか?
お買い物はこちらから
←こちらから入っていただくと お買い上げ1%がぷう家に 寄付となります{クリック後→検索}
ポチッとお買い物☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ぽんちの旅立ち
4月23日19時40分
13歳4ヶ月7日

img20180423_222030.jpg

可愛い可愛いぽんちが、ぷさんの2回目の月命日の夜に、ぷさんのとこに行ってしまいました。


私に背を向けた姿勢で寝てるぽんちのすぐ横で本を読んでたら、いきなりスーっと私の肩に頭をコツンとくっつけてきたから

なになにぽんち、甘えたいの〜!

と、グリグリほおづりしてたらスケが

ぽんち!?

って慌てて呼んだから「は?」と胸をみたら呼吸が止まってて、え?え??と何が何だかわからないけどすぐ慌てて抱き抱えたら一瞬、、ほんの一瞬

ふぅ〜

と吹き返し、名前を呼び掛けてたら気がついたら私の足にシコが流れてて、理解しました。


腎不全って痙攣起こしたり嘔吐下痢や吐血したり苦しむ終わりかたってよく聞いていたから、それに比べたらぽんちはほんと、穏やかな最期でした。それだけが救い。
ほんの30分前に大好きなスケに抱っこされてるときに久しぶりにまんまるいちょびうんして私は良かったねー!と讃える横でスケがワーワー言いながら騒いでたり(笑)

そんな、本当にいつも通りの夜でした。

私が帰宅した時にもシコがでてたのと、母がプリンや水も少しずつ与えてくれてました。

夕方から目をやけに開けてて、ぷさんも亡くなる前日にやたら大きな目を開けていたから《なんか、なんだかなー》って内心思ったんですよね。でも私テキには日〜月曜の夜中の峠を越したからまだ大丈夫と思ってたのもあるから打ち消してた。


img20180423_214655.jpg
呼吸はやや早いけど、前日よりかは大丈夫な感じでした。
18時過ぎから自力で体制を変えたり。


img20180423_214727.jpg
まだ、生きてるみたいでしょ。
でも、気がついたら


img20180423_214518.jpg
ま〜た開いて(笑)(笑)


img20180423_214711.jpg
昨日仕事帰りに明日のツアーをキャンセルしました。決めたからにはずっとうちで出来る限りお世話するんだと気合いいれてた。ぷさんの死からまったく萎えてた山への気持ちがようやくでてきてやっと申し込んだ今期初の登山だったけど、山はいつでもあるし。


img20180423_214753.jpg
でもさ、お疲れ様。本当によく頑張ってくれたよね。
ママがウダウダ迷ってる最中に逝かないように決断するまで待っててくれたんだよね!

ぷさんに宜しくね。
でもさ。あんたたち、決して仲良くなかったくせに。


img20180423_220650.jpg

やっとぷさん話を笑って話せるようになったばかりなのに。

なんてこった。

これ以上辛い出来事って、これからの私の人生にそうはないと思う。

ぽんち、ありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育犬 | 00:37 | comments(8) | - | - | - |
選択と決断
正直、今朝までもたないと思った夜があけました。
朝1番で点滴をしたら昼すぎには食欲もでて私の後をついてきたのに、昨日はその姿はありませんでした。

14時過ぎに気づいたのが、皮下に入れたはずの補液がそのままたぷたぷして吸収されてない!?そして土曜の23時過ぎにシコしてから1度もまだシコしていませんでした。

病院に電話してもでないし、24時間対応の病院に行くかどうするか。自分で調べたり数人の犬仲間に相談したりしました。

その中で人のターミナルケアに携わる仲間からの一言が、選択と覚悟を決めることができました。


食べないのも飲まないのも、体が旅立つ準備をしている


これがもっともだと、思いました。

体が旅立つ準備をしている所に、水分を入れると血液量が増やされ心臓に負担がかかり肺にも負担がかかる。老廃物が一気に放出され、腎臓にはそれを処理することもできないのにまた負担をかける負のスパイラル。

病院に連れていったとしても吸収されてないのに追加点滴するとは思えないけど、もしそれしかないといわれやったとしたら肺水腫になる可能性は、じゅうぶん考えられる。

もう連れていかない。
連れていけない。

私が出来ることは笑って安心させること。
いつも通り、家族の中で過ごしてもらうこと。

夕方にはもう頭を撫でてもうっすら目を開けることしかできなかったけど、子供たちが帰ってきたらちゃんと目を開けてた。


img20180423_080213.jpg
普段、1度遊びにでたらなっかなか帰ってこないスケが《ぽんちが会いたいってよ》とラインしたら10分後に帰宅したよ!


ミサも3日ぶりに帰ってくる日


img20180423_080243.jpg


ハルちゃんは夜練だったのに、先生の都合でいきなり18時上がりに!ミサはバイトに行かなきゃだったけど、ちゃんと終わるまで待てたぽんち。

結局シコもうんも出なかったから軽く←重要(笑) ぽんチンピンしたりお腹をずっとさすってました。したら、今朝!


img20180423_080314.jpg

でたヽ(^○^)ノ

良かったね、、ぽんち。
ひとくちづつだけどプリンも食べれました。

点滴をして1度は元気なったように見えたのがらくになったねー!って思ってたけど、確かにそれは間違いではないけど、私は少しでも食べたり歩いたりしてる姿を見れる自分がらくになれてるんじゃないか

って少し感じるようになりました。。

今日は母に来てもらうことにしました。ぽんちの隣で座ってるだけでいいからと。


img20180423_080134.jpg
今朝5時頃


ママ、頑張ってくるよ!
無理せず、ばぁばと待っててね!!


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by: ぷうママ | 育犬 | 08:48 | comments(0) | - | - | - |
涙の日曜日
昨日は朝から《ハルちゃんの整形外科(今度は重い打楽器に指を挟まれて圧迫打撲?)→そのまま一緒に高校→部活保護者総会→懇親会》のフルコースでした。懇親会まで出るのを決めたのは、スケが午前中の空手以外はずっといてくれたからぽんちのことを頼めたのと、夕べのメンバーは犬さん飼いが多いから相談できるかと思ったのでした。
結局昨日は水分以外は受け付けず、でもシコはしたそうです(うんさんは無し)基本的にぷうの時みたいにお世話メモを残しましたが、ラインで結構聞いてもいました。

帰宅したらリビングが異臭で驚いたけどみんな普通にごはん食べたりしてました。ってことは普段午後はずーっとそばにいる私も自分ではわからないけどそれなりに臭ってるんだろうと、出かける前はシャワーだわと改認識。


今朝もお犬ミルクを溶かしてなんとか一口?くらい。どちらにしてももう月曜は休めないし朝1番で病院へと決めてたら、何もでないけど吐き気をもよおしてました。
朝は自力で立つこともできず足がナックリング状態。夕べ寝る前はなんとか立ってシコしたんだけど。。


img20180422_093500.jpg
10分前病院IN


img20180422_093516.jpg
自宅点滴をすることを決め、GWのとーちゃんが休みの日にレクチャーしてもらうことになりました。ちなみに今日は点滴+吐き気止め注射で3780円。この前は点滴に吐き気止め入れたけど、今日は注射でした。なんでだろ?


img20180422_093543.jpg

待合室にはシーズーを連れたご夫婦が、トリミング込みでフィラリアやフロントラインの注文をしてました。そんな、特別幸せでもない犬さん飼いなら当たり前の光景をぽんちを抱きながらぼーっと眺めてたら、突然涙が止まらなくなり。うちだって去年の今頃は、春はお金がかかるよ、も〜!って言いながらここにいたんだ


img20150516_053550.jpg

ぽんちだってこんなカリッとできるんだから!!


いつ何がおきても、おかしくない

と告げられました。
犬の余命宣告ってあんまあてになんないよね(笑)って、ぽんちが教えてくれたけど、また元気になって今を笑い話にしてほしい。

今の目標は、GWの自宅点滴レクチャー日。
たった10日後が、まずはどうにかもって欲しいと願う日。


img20180422_093428.jpg

食べてくれない事がこんなに大変だとは思わなかった。
ぷうは何ができなくなっても食べることだけはしてくれたから《楽しめる老犬介護》だったんだね。

明日、ぷうの2回目の月命日。
一気に悪くなったぽんちがいたからもう2ヶ月だけど、まだ2ヶ月なんですよ、ぽんくん?

ぽんちも辛いだろうけどママも負けてない。

はー、辛い。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by: ぷうママ | 育犬 | 10:49 | comments(2) | - | - | - |
食べないゲリ男対策
夜はこんな


img20180419_095041.jpg

シーツは厚手だし乾かないから毛布を敷いてます(笑)
おむつしてシート敷いていつでもジョーっと来いや!対策。なのに、まだおむつするとできないみたい。

朝はこんな


img20180419_095117.jpg

(ーー;)

明け方にペロペロしてるから喉乾いたのかと水をあげたら結構のんでたから、朝は早めにシコをさせました。夕べ普通のうんさんを2日ぶりにして安心したら、今朝シコ後に家にいれたら便意をもよおしまさかの

ゲーリー勃発(゜ロ゜;

うわ、きたか。と、内心思いました。


img20180419_095155.jpg
ゲーリー後、歩けず


この後の葛藤。

夕べ小さいけど缶詰をまあまあ食べてるから今朝食べないからと病院へいくのはまだ早い。が!ゲーリーとあれば、話は違う。しかも薬をかなり拒絶してるので薬だけもらってきても意味はない。更に問題なのは今日は午後から{部活動保護者会}があり、スケが決めた部活の最初の説明会は授業参観やPTA総会よりも私にとっては必須項目になるので留守にするから、食べないゲーリーぽんちを1人にするのは甚だ心配。なれば!と


img20180419_095219.jpg
今朝の行きの車内

スヤスヤ寝てるのに申し訳ない。しかも行き先病院だし針刺すし(笑)


img20180419_095257.jpg
5.4kg
今日は上半身上げたね!と先生も少し安堵

先日の点滴の後、夕方までは調子良かった。それを踏まえ今日は午後これないしゲーリーなのもあり今来ました。
例えば次の日どうしても長い時間1人にさせてしまうのは心配だから、それなら前日に点滴するといういわば《飼い主の都合》で点滴するという方法はありか?
を正直に相談しました。

そして{自宅で点滴をする}話もでました。

経済的の面でもそうだけど《イチイチ病院にくる》のがぽんちのストレスになるのはこの病気には良くない。私も仕事は辞められないし通院するための時間も都合よくはとれない等、話をしてたらこうなったんですが。

ちなみに通院し1回点滴(吐き気止めIN)で2160円。

点滴セットを買う場合、一式5000円に補液パックが1パック500円くらい。もちろん自宅の場合は吐き気止めを一緒に入れるとか下痢止めで注射しとくなんてできないけども、少なくとも通院は減らせる。その他、薬だけで月8000円に今回みたいに下痢止めの注射は1620円。吸着剤は楽天で大人買いして割安にしたわりに一向に飲まず(TT) 今のところ毎日ではなく食べれないのが続いたら点滴かな?って思っていたんだけど、毎日食べれてても点滴する子もいると言ってました。

耳毛も抜けない私に針が射せるのか、甚だ疑問。

ぷうなら絶対ギロって睨むよね(笑)←ジロじゃない
ぽんちはきっとママチクンなんででつか?って顔する健気な子。

出来ることを精一杯。

頑張ろう、ぽんち!!


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by: ぷうママ | 育犬 | 10:52 | comments(0) | - | - | - |
おむつとマット、そしてシーツを
おもらしを初めてしまして

img20180417_194653.jpg

朝から半身浴。
ぷさんで慣れたとはいえ、体重・体格差があり片手から滑り落ちそうに(-""-;) 体重増やしたから食べなくてもまだ5キロ台だとは思うけど、ぷさんって徐々に軽くなっていったから世話するのもらくでした。というか、重い軽いとかの概念なくやってたから少なからず経験すると良くも悪くもこうなるんだな。それにしてもぷさんは最終的には4キロあるかないかでしたが食欲旺盛で最近のぽんちより全然食べてた(笑)


まだ歩けるんですけど介護マットを出しました。

img20180417_194748.jpg

ぷさんがいた同じ場所、私の左隣に。
ぷうの日用品はそこに置いたままでしたが今回少しだけ移動しマットの片隅に。私はいつ片付けることができんだろ。

昨日はちゃんと朝少しは食べたし仕事に。ぽんちがこうだからと休んでばかりはいられない。急にガタガタと異変が目に見えると、ぷさんを留守にさせるときとはどこか心配の種類?が違うのかしら。


img20180417_194805.jpg

「大丈夫だから。すぐ帰ってくるから、絶対に待ってるんだよ」

と、念を押しぷさんに監視を頼みました。


ぽんちのおもらしのおかげでついにシーツを洗うはめに。

やっと?

とうとう?

ぷさんの鼻汁だかヨーダだかのカサカサを確認して洗濯機に。もうね、悲しくて悲しくて悲しくて。ぷうが生きてた証。

ぽんちが悪いわけじゃない。
ぽんちのおもらしのおかげと、言い聞かせる。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by: ぷうママ | 育犬 | 05:35 | comments(2) | - | - | - |
点滴パワー!食べることは生きること
結局昨日仕事を休み5分前に病院IN


img20180416_204806.jpg
行きの車内

先生がたまたま待ち合い室にて開院準備らしきものをしてたんでドアを開けてすぐ

もうダメかもしれない

と伝えすぐ診察室に。


img20180416_204840.jpg

ぽんちの手足を触り聴診器をあてたり。先生も白衣すら着てません。

皮下点滴をするか、このまま辛いけど見守るか。
手足の状態からだともう寝たきりになるかもしれないと言われ、寝たきりの場合のケアなど言ってくれましたが、そこは私の専売特許!半年以上、寝たきりぷさんに1度も床擦れなるものを作らないで済んだスキルがある。

でも夕べ食べた事実と歯茎の貧血具合をみるにまだイケるんじゃないか?と先生。とりあえず点滴をすれば今の状態よりはらくになるということで


img20180416_204914.jpg
点滴中

点滴してるときに先生がおもむろにトリーツみたいなものをぽんちの鼻に近づけたら

パクっ!Σ( ̄□ ̄;)

今日初めて笑えた。
結局寝てる姿勢では食べれなかったけど、大事なのは

《食べようとする気持ち》

口から食べ物を摂ることがベストなので、どうにか頑張って食べさせていこうと。

あとは{できれば苦しみながら最期を迎えるのだけは避けたい}希望を伝え、それには皮下点滴を勧めると。殆ど食べなくなったらできれば1日1回、無理でも2日に1回やるとずいぶん違うと思うと説明ありました。

帰宅して少しうにうにしだしたので試しにヨーグルト


img20180416_204958.jpg
食うじゃん!

その後、夕べからシコしてないし点滴するとトイレ近くなるから←私だけ? と思い外のシコ場に連れていったら数歩歩いた!!しかもうんさんも産みだして(≧▽≦) なんだよ私の涙を返せ〜!ってうんさん拾いながら言ったわ(笑)
その後、銀行だけ済まして帰宅したら、ヨタヨタ歩きだしたと思えばちゃっかり


img20180416_205043.jpg
おるつばんのおいしー

催促して、、食べるんだ?(笑)

朝は

img20180416_212703.jpg

リンゴジュースをストローで数滴入れるのが精一杯だったの。もう多分、仕事から帰宅したら間に合わない!とまで思ってた。その場を離れる時は


img20180416_212744.jpg
おDがぽん担←死んでも働かせる(笑)


本当に、もうダメかと思ったんだよ(T^T)

でも、夕方からまたアンモニア臭が出てくると同時に動くことはなくなりました。だからご飯だ〜お水だ〜と私は接待に勤しんでます(*^ー^)ノ♪食べてくれようとするならばサポートくらい喜んでするよ。ぽんちがどっちに顔を動かしても両手にご飯と水の器が待ち構えてます←拷問か(笑)
たまには縦にしようと膝だっこしたら


img20180416_205116.jpg
うん、目力あるね(^^)/


たくさんの応援ありがとうございます。ご心配おかけしてすみません。アドバイスや辛い経験談など本当にありがたいです。

ぽんちが自ら食べようとする気持ちがある限り、寄り添っていこうと改めて決意しました。治療の線引きは延命のそれであり、ぽんち自身が希望だしてくれたらいいのだけどそうもいかず。何をどう判断して決めたらいいのかをウダウダ悩んでましたが、悩むよりもう目の前のその時、その状況で私とぽんちで決めていくしかないんだろうと腹をくくりました。


ぽんち!一緒に頑張ろうね♪


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育犬 | 06:47 | comments(0) | - | - | - |
食べたー!!でも。
夕べ、ようやく食べてくれました!


img20180415_212308.jpg

スプーンで食べさせました( ̄▽ ̄;)


img20180415_121617.jpg
腎臓サポート ドライと缶詰


cocoからの遺品です。当時、ぷうもぽんも腎疾患とは無縁だったので、腎疾患を患ってる子を預かる元ボラ仲間にとりあえず半分くらい送ってました。残りは直接保護活動をしてる方たちに会ったら渡そうと思ってたら、まさかぽんちが食べるとは。
でも{もしかしたらいつか食べれなくなった時の秘策}として缶詰は手をつけずずっとドライのみにしてたんですが、最後の最後まで食べることができたぷさんみたいなタイプもいることを考えたら《秘策の缶詰を食べないで逝ってしまったら本末転倒じゃん》と思い直し、今月に入りたまーにドライのトッピングとして食べさせるようにしてたんです。

まさか、あっという間に自分が懸念した事がおきるとは。


img20180415_212336.jpg

ビーフシチューとなってるんだけど、ビーフだけ残してる?梅干しすら食べる勢いのあるぽんちが好き嫌いするだなんて(笑)


そして今朝

img20180416_071544.jpg

いつも私よりもお寝坊ではありますが、たいがいハルちゃんを駅まで送る前後には起きてはくるんだけど。様子をみにいくと目はうっすら開いてるけど、自ら体を起こそうとせず。

夕べ食べてくれたもんだから、夜中何度も何度も確認しちゃいました。今日はなんかこのまま仕事、、行って大丈夫なのか?凄い胸騒ぎというか、なんかなんかです。でも月曜なんだよね、、、

どうする、わたし。

とりあえずミサが10時過ぎに家をでるようなので、それまではぽんちを託し、職場の人員をみて早退するか。。ほんと、ぷさんの時と同じパターン過ぎて、怖い。

ぽんち、そこまでぷうじーの真似っこしなくていいんだよ!



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育犬 | 07:43 | comments(3) | - | - | - |
食べなくなりました
朝起きて外は風強く雨なのでおうちトイレを済まして、朝ごはん。

夕べも今朝も半分強残しました。夕べはずいぶん水を飲んでた!
薬はこれまではフードに乗せてましたが、今朝からは大好きなバナーナを1きれにつけて確実に服薬するように。バナーナも今までは1日1本おやつでしたが気持ち減らしました。ぽんちの大好きを排除しきれません
食べだしたのに私が動くと食べるのをやめてヨタヨタ後をついてくるので、横でで食べろー食べろーとエールを送ることに。結局


img20180415_080316.jpg

食べないくせにキッチンの前でモジモジしてるし、私の後を頑張ってついてくるので抱っこしました。その後は寝てます。

実は夕べ、急きょ実家に。こたに食べられる危機を感じれば食い付き良くなるかと思いきや、撃沈。今までは父の隣をキープし些細なものでももらう姿勢でしたが、これも撃沈。残る希望は割りと?(笑)好きな母にいつもストーカーしてるけどこれまた撃沈。。母どころかスケが座る隣にいつの間にか寝てました。こたもパクさんも「どしたでつ?」って感じでクンクンしてました。

車も片道15分ちょいですがもう疲れちゃうかな?車内も窓を開けないと喉にくるアンモニア臭にやられてしまい運転しながら酔いそうになる恐れがでてきました。ママである私がそれなのに


img20180415_081743.jpg

《ぽんち、今日もくちゃいぞ》といいながら一緒にいてくれます。

薬が明日でキレるので相談しようと思います。薬を飲んでも良くならないのに、何か手はあるのだろうか?うまくやれば腎不全だって付き合っていけると思ってた。かといってぽんちに負荷がかかりすぎることやイヤなことは極力避けて、最終的に望みがないならば痛みがあるならそれをとってくれたらいい。もちろん経済的な問題だって考慮しなければならん。月初めに血液検査で数字はみるけど、ついでにフィラリアも。1ヶ月かけてせっかく増やせた体重も、どのくらいもつんだろうな。

スケが《腎臓にリンゴは大丈夫らしい!》と調べてくれました。これまではリンゴは丸のみして喉に詰まらせてしまうという別の恐れがありましたが(笑)今は薄めにスライスすれば大丈夫かな?

ぽんちっ。食えε=( ̄。 ̄ )


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育犬 | 10:50 | comments(2) | - | - | - |
食欲だけが命綱!理想と現実
四十九日とあり、お花を一新しました。


img20180413_162405.jpg

少しレイアウトを変えて


img20180413_162420.jpg

ぽんちを下界(下段(笑))に。
並べてあげたいけど、なんかまだぽんちはそっちじゃねーぜ!と思ってたんですよね。


img20180413_162447.jpg

たべほに行く前、寝てたから起こさないようにと努めてたのに


img20180413_162530.jpg
ちってるでつよ?

でした(笑)
帰ったら


img20180414_081404.jpg
?(笑)
暑かったのか、たどり着かなかったのか。。
最近カウンターのイスのとこにはまってしまいます。調子いい?とUターンできるのですが(もうバックはできません)。

そして、3姉弟の中でダンチでぽんちと親しいスケですが


img20180413_170156.jpg
たべほafter(笑)

久々すぎてやっちまいました( ̄▽ ̄;)


米粒1つたりとも見逃すことはなかったのに、一昨日から残すようになりました。。最初残した時は私が若干パニくりました。

わかってはいる。もう年単位の話ではないと覚悟もしつつある。でも、たかだか少し残しただけでこうですから。

ぷさんの時も今思い返すとそうでした。あの時の状況はブログに書きましたが実は書いてないことが。あの時私はあまりにも予期せぬ出来事にハルちゃんかとーちゃんに

「そこらへんの店から{AED}持ってきて!」

と、いったそうです!Σ(×_×;)!

死を受け止めてしっとりと《ありがとう》と言って見送るのが理想なんですが、まだまだでつ(笑)

ぽんちもまだまだでつよ!


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by: ぷうママ | 育犬 | 08:24 | comments(2) | - | - | - |
あのYO!〜49日〜
四十九日 (七七日) 4月12日


泰山王(閻魔大王の息子)から最後の判決が下される。

《6つある鳥居のうち、1つを選びくぐりなさい》

6つの鳥居→[六道]を表し

地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天界

に、通じている。
全ての鳥居が地獄に通じていたり人間界に通じていたりする。これは《因果応報》を指している

先の六七日から守護霊として見守ってくれるのが薬師如来様で「魂に新たな体を与えてくれる」そうです。

ちなみに、この日をもって忌明けになります。


そして今夜。

決して狙ったわけでなく偶然なのか必然なのかはわかりませんが、ぷさんを荼毘に付したあの日以来ぶりに家族全員、夕飯時に一緒に揃います。ので、スケの入学祝いとハルちゃんの誕生日祝いとして久しぶりに

たべほ

に行くことに。ぷさんの体が不自由になってから殆ど夜の外食は控えてました。ぷさんのお空に帰る壮行会も兼ねてのたべほになりそうです(笑)

私が空に行って最初にぷさんに会ったら


あのYO〜!


って挨拶しようと思います(*^▽^)/★*☆♪


とーちゃんが「もっとシュナウザーっぽいシャキっとした若い頃の写真並べたら?」っていうんですが(飾ってあるのは亡くなる前日のと最後にぽんちと一緒に歩いた散歩の日など)、なんだろう。。ほんとに思い出さない日はなくて、かといってさほど悲しみに浸るわけでもない最近ですが、ぷうが歩けなくなってから昼夜逆転しないように天気の良い昼間に、痩せてしまった体をしっかり抱きしめながらのんびりとただ近所を歩いた日々が想い返すと一番愛おしく、そしてあの時を想うだけで無条件に涙がでてきます。色んなところに出掛けたり遊んだ日々も良いけど、抱っこして話しかけながら散歩したあの時間は何より幸せだったと心からそう思えるから、なんとなくカリッとした写真はあまり飾らないというか飾れないのかもしれません。


img20171031_151350.jpg
耳を立てちゃって(可愛すぎる 笑)
何かを感じてたんだろうな。。

おDが今でも大好きです。もちろんこれからも。

ぽんちを見守ってね、ぷう君!


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育犬 | 08:04 | comments(0) | - | - | - |