PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
どこいこか?
お買い物はこちらから
←こちらから入っていただくと お買い上げ1%がぷう家に 寄付となります{クリック後→検索}
ポチッとお買い物☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
この夏、最多ですって
20180916_2086698.jpg


今年の7〜8月の山岳遭難は、統計を取り始めた1968年以降「最多」だったそうです。


この間、中古ですが‘おちょな買い’したコミック


20180918_2088373.jpg

ほぼ北アルプスがメインでの救助の話になっているんですが、とーちゃんが2巻まで読んで

「本当にこんな事故ばっかりなの?」

と。

うーん、まぁ・・。
多い!といえば「そんなところにいってるわけ?」と思われても嫌だし、そんなの漫画だよ!とは決して言えないのもある。

私が奥穂に行ったときは9月の10日前後だったんですが、この年のこの9月上旬だけでザイテングラート(涸沢から穂高岳山荘(奥穂高など)に登る登山道)で3名滑落してお亡くなりになられているので、私たちも警察や救助隊の方に「どんな日程でどのルートなのか」を聞かれました。今回も聞かれましたがガイドさんいるし「風強いから気をつけて!」ってのみ言われました。


同じ「登山道」でも


20180918_2088382.jpg
富士山@標高約3500m付近


20180918_2088376.jpg
涸沢から北穂南稜ルート@標高約2700m付近


やっぱり違うじゃない?

ガイドさんに私が質問したのは「登っていくときに‘あ!この石は浮いてる(転がりそう)’って思えるようになってきたけど、下山のときに上から下方の石をみてもそういった‘勘’が働きにくい。その判断の仕方がわかれば教えてほしい」みたいなことを聞いたんです・・なぜなら下山の時(特に岩場)はストックは使うなと言われて、ストックで足より先に確認ができないため1歩踏み込んだその石が浮いていたら、それで少なくとも捻挫、最悪滑落になるよねえ、、と思ったから。


同じ「岩場」でも


20180918_2088378.jpg
富士山@標高約3100m付近


20180918_2088380.jpg
北穂南稜ルート@90%以上はずっとこんなんで、たまに鎖+梯子
ここから頂上まで岩を上がっていくんだけど、はてどこから登って行ったのか?目の前の一歩に必死過ぎてこうやって画像みても記憶にない(笑)


こうみると、世界遺産だけあって富士山は守られてる感あるわー。

こうみえても!南稜ルートだって山小屋や関係者の方々のおかげで〇・×印や、登りにくいところにボルトが岩に刺しこんでくれてあったりしてるんです(汗)

私が子供たちや友人を富士山なら一緒に行こうっていえるけど、北アルプスや南八ヶ岳はちょっと誘えないなぁってのがこの写真に顕著に表れてる・・・標高が高ければ高いほど難易度高いって勘違いされやすいけど、そんなことは全然なくて(^_^;)

山って一言でいうと確かに一文字なんだけど(笑)
例えば北穂に一緒にいった方は北穂のため(だけじゃないけど)、ここ2年で「利尻」「宮之浦(屋久島)」を登ってたけど、あの北穂の岩場はとても苦戦されてました。山小屋では「登りたい気持ちがあるなら大丈夫^^」って励ましてもらってたのに、いざ梯子の手前で心が折れてしまって動けなくなった時に「登りたいだけでは登れない山なんだから、覚悟して」って叱咤激励されてるし(;゜∇゜) 逆に私なんかは岩場の方が好きだから思ったよりもサクっと登れたけど、宮之浦みたいな長距離は歩ける自信ないし、現に標高低い丹沢で2連敗してるし。


何がいいたいのかわからなくなったけど(爆))
山でも海でもどこでも、危険はすぐそこにあると認識しつつ、楽しんでいけたらいいなと思うのです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ


自然に対して決して慢心せず、安全第一で帰宅することこそ遊ぶための必須事項!!!


にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
posted by: ぷうママ | 情報 | 17:58 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:58 | - | - | - | - |