PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
どこいこか?
お買い物はこちらから
←こちらから入っていただくと お買い上げ1%がぷう家に 寄付となります{クリック後→検索}
ポチッとお買い物☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
君の足にはなれないけど
先週、肉球の間の毛をカットしても靴下を履かせたとしても滑ってしまうのであれば


img20170719_071321.jpg
本来はカーペットなどの下に敷いてつかう滑り止めマット


これのほうが段差がないのでつまづくこともないと思って選んでみました。おかげで


img20170719_071341.jpg

ヨガマットやもともとあったタイルカート、フローリングの色でなかなかカラフルなおDロード。滑り止めマット、汚れたりしてもサッと水洗いしてすぐ乾くのでいい感じですが、すぐまくれちゃうのがマイナス点ですが滑らないだけ良しとします。


昨日、病院に行ってきました。
結果、後ろ足は誰もが見てわかるけど実は


img20170719_071928.png

前足の着きがよろしくないし、抱っこした時とかピーンって伸ばした状態になってます。伸ばした状態になるのは前からだったんですが足の着きはなんとなくあれ?って思ったことはあったけど先生に言われてやっぱりそうだったんだと。簡単にいうと手のひらにある肉球の一番大きい部分がべったり地と接してなくてようは背伸びしている状態で歩いていること。


10日ほど前から車椅子の準備をそろそろしなくちゃいけないと家族で話していてその旨を先生に伝えたら、ぷうの場合はもう車椅子にしてもパワーが足りないから、今はバタバタして力強いと思われるけど車を回して動くまでの体力もないと告げられました。車椅子に乗れる子って実はパワーもあるしわりと若い子なんだってこと、知りました。

もう進んで治療や検査もしていけないしするつもりもないことで合致し、とにかく痛みもなくできるだけぷうにとって快適に過ごさせてやりたいと伝え介護などアドバイス等も頂きました。

ただ、先日左後ろ足がおかしくなった時にステロイドと抗生剤のお薬をいただいたんですが(その時は注射もしたけど)、今回もその薬を飲んでどのくらい効くのかをちょっとやってみてます。病院から帰って少しの時は歩けなかったんだけど夜に薬を飲ませる前にはヒョコヒョコ4・5歩も歩いてびっくり!夜薬を飲ませて夜中〜今朝もわりとしっかり(とはいえ10歩ちょい)立つことが出来てます。


img20170719_071449.jpg


病院から帰ってすこし太陽を浴びに出た時に少し歩いたんですよね、ぷうの歩く姿は最後かもしれないからと動画撮りました。アスファルトの方がまだ歩けるけど右後ろから座り込んじゃいます。よろめいて頭をぶつけると痛いので撮りながらダッシュでブレブレな動画三昧でしたけど--)))


原因は16歳半という老齢、脳から筋肉に与える緊張と緩和という指令がうまくバランスが取れてなくて前足には緊張増・後ろ足には緩和増になっているのかもしれない。

が、実はもう1つ。


変性性脊髄症(←click here


という病気の特性を聞きました。

まだぷうの手のひらは痛みを感じる状態だし、上記の病気を確定診断するのには生前確定ができないから大掛かりな検査をするわりにはあくまでも暫定的なわけで、でもそこまではもう体力的にもできないし私もそこまでの必要は考えてなく、ただ目の前のぷうの動作1つ1つにケアをしていくしかないのだと思っています。が、もし単純な老齢からの麻痺ではなく変性性脊髄症という病気からなる歩行の困難であれば現在ステージ2。老化現象じゃなく病気が進んでしまうとなるともう1つ・・・「安楽死」の選択もしなければいけないことになりました。


img20170719_072103.jpg
夕べ張り切ってる時のおD(私はいつでも撃沈モード)


ドラマやたるい恋愛じゃあるまいし、君を一生守るから!なんて口が裂けてもいうつもりない。だってできないでしょ・・24時間一緒にいて全ての事故や災害から隔離できるわけじゃないんだから。足の代わりになるっていっても腰痛はあるし疲れているときもあるしずっと介護ベルトして付き合うことだってできないのが現実です。昨日ミサが半日介護ベルトで一緒に旋回してたらしいけど(笑)それだけですら疲れて抱っこしつづけてたんだから。


けどせめて苦しむことだけは避けてあげたいと。
できればこの腕の中から安心して旅立たせてあげたいと、そう願うばかりです。



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育犬 | 11:20 | comments(2) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:20 | - | - | - | - |
にこさん

お久しぶりです!!シュナちゃんお元気ですか?お子さんも大きくなったでしょう?♪

プール案ありがとうございます!前に大きい車に乗ってたんですがその時に使いました。体高がもう少し低ければぜんぜん使えますがぷうは鼻がぶつかってから方向転換するタイプなので胸と前足がプールに当たった時にはつんのめってしまったんで顔から転ぶみたいになったの(>_<")でも、プール案はよく考えたな〜って感心しました。プールの縁が高ければサークルやフェンスみたいな柵につま先が入らないで済むのでより安全ですねー。
アドバイスありがとうございます!これからも色々教えて下さると助かります!
| ぷうママ | 2017/07/19 7:14 PM |
ご無沙汰しています。
友人のヨーキーの話ですが、徘徊時には子供用のプールに入れていたらしいです。
それだと倒れても痛くないからだと。
そうして見守っていたらしいです。
犬の大きさが違うので、使えないかもしれないですが、一案ということで。

16歳半ということで色々と大変なことも多いと思いますが、少しでも長く一緒に過ごせますように。

| にこ | 2017/07/19 4:17 PM |