PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
どこいこか?
お買い物はこちらから
←こちらから入っていただくと お買い上げ1%がぷう家に 寄付となります{クリック後→検索}
ポチッとお買い物☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
終活っていうけども
今日はお犬もお山も関係ない話です^^)

ぷうが来月16才半になるんですが、よく転ぶといってもまだ元気に歩いているし食欲も衰えてないです。が、やっぱり「死の覚悟」はしておかなくちゃならなくて、でもそんな覚悟したくてもできないこと。理想は家族みんないる中で抱っこされながら逝かせてあげたいというのだけは思っているんですが。

ミサの1つ下の後輩くんのお母さんが先月癌で亡くなったと、さっき聞きまして。

「おばーちゃんじゃなくて?」

って聞き返しても、やっぱりお母さん。
ミサが中学卒業の年と2年連続でその後輩くんたちと富士急にいってるんですが、その集合の所に送りに行った時とか演奏会とかで3・4回は話をしたことがあるんですね、、、私と同じか下に見えましたが、体も小さくて、しかも後輩くんは双子で、シングルマザーの家庭でした。後輩くん、昨夏ミサにDVDを見せて欲しいってうちに来てたりしてほんと後輩というより弟分って感じの子。双子とも大学1年生でお姉ちゃん(もいたらしい)も大学生。お母さんは自分の退職金とかを貯めて「自分の死後は3人で暮らせるよう今より小さい家に引っ越すように」と言い残したそうです。

ぷうの理想の逝き方を考えてはいるけど、私だっていつ死ぬのかわからない。これ書いた後に買い物行った先で事故にあって死ぬかもしれないとか、ね。死は年功序列じゃないもの。


img20170617_075153.png
靴下をおとなしく履かせてくれる時にいつもつぶやいてしまう「おじーになっちゃったね」と。


先日、大家族の石田さんちが放送されて色々な問題が浮上していたのですが、その1つに終活についてありました。

ほんとよねーって思う。
ミサには私が死んだ時のお墓のこととかちょうどよい機会だから希望を伝えときました。

お墓問題だって、お義父さんに自身の故郷にある墓に入るのかとか、どうするつもりなのかを聞いて欲しいってとーちゃんに(あ、とーちゃん=旦那)聞いているのに、聞きにくいのかしら。私もさすがに義両親には切り出しにくい(笑)でも元気なうちだからこそ聞かなきゃいけないし聞けるんだと思うのよね!なぜならうちは「長男」だから。お墓はなんだかんだいったって、時代がどう変わっていたって「長男」にかかってくるの。縁切ったってなんだって長男。古き良き時代の日本の要らない伝統だわ。だから私たちの代だけじゃなくてスケにもかかってくる問題だから、しっかり聞いて欲しいんだけど。
ちなみにうちの両親というか父にはちこP(義姉)から頼まれたから私がきっちり父にお墓の意向を聞いてます。

後輩くんのお母さんはまだ40代だったし残せるものをできる限り自分の死の恐怖と戦いながら用意していたわけで。私はというと毎年「遺影」の写真だけは用意しているけど^^;)) あと、仏壇はいらないとかできることならぷうぽんのお骨も一緒にお願いします!程度のまだまだ現実感がないというか。夕方散歩行きながら「保険金、増額しとこうかな」とか考えちゃいましたよ--;))

でも今回のことで私がとーちゃんより先に死んだ時のお墓のことだけはしっかりミサに伝えました。


img20170617_075211.png
とーちゃんの新しい車がきました・・E Power じゃなくて残念


最近うちの方、事故も多いしね。火事だけは絶対に気をつけないとと注意をしているけど事故は自分が注意しててもあっちからやってくるからさ。

っつか、墓も大事だけど明日父の日じゃん・・・なんも用意してないわ〜。


みんなみんな交通安全・家内安全のポチ→にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ

posted by: ぷうママ | 育自 | 17:23 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:23 | - | - | - | - |