PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
どこいこか?
お買い物はこちらから
←こちらから入っていただくと お買い上げ1%がぷう家に 寄付となります{クリック後→検索}
ポチッとお買い物☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
くそ!じゃないよねー
ぜんぶ可愛い




ぽんちは、ぷうの事があるからギリギリまで私に負担をかけないようにしてくれたから、まぁ結果的にはお別れが続いてしまったわけで。
と、ちゃんと考えればぽんちが《くそ》のわけない。


この写真




好きなんだけど、昔の携帯の中に入ったまんま。今さら電源ついて取り出せるのかしら?っつか、FOMAの充電器あるのかしら(-""-;) それにしてもぷさん、ナイスガイ!


ハルちゃんとロフトで待ち合わせ。
手帳のシールをみてたら


img20180630_084700.jpg

むむ!


img20180630_084725.jpg
ぷさんの輪郭にぽんちのつぶらな瞳!

ぜんぶいらんから、このシュナウザーの2枚だけでいいんだけどな(^_^;)

6月中に梅雨が開けてしまい、今年も夏の天気がぐちゃぐちゃな気がしてならない。。

さあ、7月だ!


posted by: ぷうママ | 育犬 | 16:32 | comments(0) | - | - | - |
くそぽんち
ぽんちがこんなにあっという間にみまからなければ




私の人生は、もっとラクだったんだ。


でもきっと、この試練は私の人生において必要な1歩なんだろうと思う。

ぷさんだけなら、たぶんもっと違ったと思う。


辛すぎるこの先に、何が得られるんだろう?




posted by: ぷうママ | 育犬 | 20:14 | comments(0) | - | - | - |
月命日☆ぷさん4!ぽんち2!
今日からお祭りです。

ぷさんの耳が遠くなるまでは毎年実家へ逃げるか雨戸を閉めてテレビの音量をすこぶる高くして過ごしたお祭り期間。
子供たちが小さい頃は付き合わないとならなかったけど、一昨年くらいからはスケも友達と徘徊し荷物を置きにきたりトイレに寄る以外では帰宅しなくなりました。

去年のお祭りで歩いた画像を探したらUPされてなかった??
1年前はそれでも


img20170525_230132.jpg
ようやく筋トレがおわり寝付いた後に、私がでかけなくちゃ行けないときは、しろくま次男とくろくま次女ではさみうちして「そばにいるよ!」とごまかしてるつもりでした(笑)


車に乗せるのがいちばん大変だったころ


img20170603_092937.jpg
左手でグッと固定


img20170603_093102.jpg
制御がきかなかったのでなかなか一人では出る気がしなかったな


ピタッとする箱を用意してしっかり囲えば安心するかと思い用意したら


img20170603_092644.jpg
ぽんちが入ったり(笑)


img20170607_081434.jpg
なんだかんだ


介護させてもらってる時がいちばん「濃かった」のかも


今日は月命日だよ。
ぷさんはわかっているだろうけど、ぽんちはきっとわかってないよねー(笑)

ちょっと気分が上がらないんだけどそうつかってもいられず、スケの部活ー空手の送迎をしたりしないとだけどお花とおいしー!買いに行こう♪

夜はスケにおこずかいを渡し(おいしい店をリサーチ後)家族分のたこ焼き+私の今川焼を仕入れてもらい、私は飲み会に。ハルちゃんは夜練だしミサも楽団で帰りが遅い。ぷぽを怖がらせないように気を使ったり、子供たちに付き合わないとならない賑やかな2日間のお祭りも、今年はこんな感じ。明日は当番があるからでないとならないんだけど(汗)


img20170601_085713.jpg

寂しいよ、ぷう君


img20170603_092732.jpg

会いたいよ、ぽんち


ぷうぽんがいた場所も、トイレもいまだにそのまんまです・・トイレくらいは片付けようかね(笑)

posted by: ぷうママ | 育犬 | 09:01 | comments(0) | - | - | - |
ぽんちの愛
帰宅してます。


img20180610_223023.jpg

ハルちゃんが具合悪いのと、途中から雨と、パク・こたが大丈夫そうだったので、新潟港からでて父と運転交代してからはノンストップで実家まで頑張りました。

パクが酔わないようにと車内のエアコンを効かせていたので私の上半身はかなり寒くて、でも座面ヒーターが温にしてあったらしくケツは熱いというなんともビミョーな状態で運転してたんですが、途中2〜3回私の左側に??と感じる事が続いた後に左首から肩にかけてだけふんわり温かいままでした。きっと


img20150116_200538.jpg

後ろからよく肩にアゴのせてた、あれやってくれてたんだと思う。まだまだパク・こたには任せらんないよね

いつだって


img20180610_231406.jpg


img20180610_231428.jpg

こんな風に。

今までも


img20180610_222306.jpg

これからも。


四十九日経ってしまったけど、ますます好きになる。


ぽんち、ありがとう。
大好き!


posted by: ぷうママ | 育犬 | 23:22 | comments(0) | - | - | - |
ぽんち四十九日
img20180610_100406.jpg
今は帰路の船です。
船に乗るやいなや父がアイスなんて買ってきやがり(しかもパク・こたに頑張ったからとかイミフなこと言って) 、やつらに食べさせるなんてあり得ないし批難を浴びせたはいいがアイスだから食べるしかなく母とうんざりしながら半分は食べたけど、試しにカモメにやったら普通に食べたので残りはぜんぶカモメに。最初からやればよかった(-""-;) 元々、バニラ系食べると車ですらキモくなる私は案の定、現在絶賛船酔い中(∋_∈) ちなみにパク・こたは備えつけのケージの中でしずかに寝てます。

ぽんちー!
家につくまでそばにいるように。
posted by: ぷうママ | 育犬 | 10:15 | comments(0) | - | - | - |
海より深い犬の愛
私の希望なる写真たてが見つからず、とりあえずダイソー300円で(←せめてIKEAに行くべきか(笑))


img20180606_080729.jpg
オブジェ化してるwiiの前に鎮座。

ぽんちはなんでもかんでも可愛く撮れるんだけど、ぷさんは飾るとなるとわりと選ぶんですよね。左下の写真、とーちゃんはもっと凛々しいやつがいいみたいなんですが、介護期間に入り私が抱っこしてると気づくとこうやって人の顔をじっと見てくれてたその顔が、可愛い可愛くないの域を超えて、好きなのです。

ミサなんてこれみて

《ぷさんのbefore after みたいだね》

なんて酷いことを((((;゜Д゜)))

ぷさんのママへの愛&ママのぷさんへの愛は、宇宙規模でございますわよ。


こんな動画をみつけました。


オリバーの愛


人が思う以上に、犬さんの愛は大きいのかもしれないですね。

前に、盲導犬などの引退犬を引き取るボランティアを考えてたことがありますが、やっぱり私には無理だと思い知りました。


posted by: ぷうママ | 育犬 | 08:25 | comments(2) | - | - | - |
バナーナを供える
今朝は安室ちゃんのドームツアーが終わったと取り上げられてましたね。義妹が土曜日のドームに行ってるはずなのよね・・・なんとアルバム先行の1回目で大当たりしたから「本当に騒がれているようなプラチナチケットなのか?」って思ってたらしい(汗)義姉である私?えぇ、私は結局

8 回 落 選

しましたが、何か?
札幌以外は全部エントリーしましたよ。福岡は日帰りでも考えられたけど北海道だと1泊じゃない?ぷうぽんが生きて私が世話をする前提で日程とか予定を想定していたから。9月16日の引退の日に合わせて何かあるんじゃないかと既に沖縄便を予約している超本気のアムラーもいるとかいないとか!?さすがに私はそこまで・・だけど。とりあえずファイナルツアーのブルーレイは予約必須です、はい。



ぽんちが亡くなってから、実はバナーナを買ったことがありませんでした。それまではおⅮぽんがいたため欠かせなかったのに。お供えといえば好物をそろえてあげたいところですが、買い物でバナーナをみてもどうしても手に取ることができなかった。それが今日、突拍子もなく手に取れた。


img20180604_185116.jpg

今度の日曜日で四十九日。なのでバナーナに触ったのは43日ぶりでした(笑)
ぽんちが皮まで食べちゃうほど大好物なバナーナをどうして手に取れなかったのか、どうして今日いきなり手に取れたのか、よくわかりません。


っつか、今日はピコの命日じゃないか(汗))


200711161755000.jpg

5年。
ピコの声(アニコミ)で、救われた5年だった。それからぷさんは5年も頑張ってそばにいてくれたんだねー。


200711172241000.jpg

しっかり、ピコの後をついているだろうな。
ぷさんもピコだけには敵わなかった。

昨日、実家に届け物があって寄ったときにお線香をあげといて良かった。ピコの急死のときも、あの時は自分の判断のせいだと責めたし、両親に申し訳なかった。アニコミして声を聞けたから立ち直りも早かったんですよね。おDぽんもやってもらいたいんだけど、何を聞いたらいいか、何が一番言いたいか、まだしっかり考えられずにいます。


それにしても今日は暑かった。
ウカルもちょっとバテテる感じだったから保冷剤を入れてあげたら食いついてきた(笑)


img20180604_185207.jpg
ちめたいの、はっけん!


img20180604_185252.jpg
ペロペロペロペロ


img20180604_185326.jpg
のるでちよ


最初ずっと保冷材の上に座ってておなか壊したらどうしよう!と思ったけどちゃんと自分で離れた(ホッ)そりゃー冷たきゃどくか。ペロペロからガジガジして中身が出たらどうしようと少し心配になって引き上げようと思ったら、保冷材の下で寝っ転がってペロペロしてた(笑)


今日は、単純なミスを4連発もしてしまった。まったく、何年目だよって感じ(反省)

posted by: ぷうママ | 育犬 | 19:46 | comments(0) | - | - | - |
ぷう君 百箇日
今日はぷうくんが亡くなってから100日目です。


百箇日


私が輪廻転生に対し本当にそうなのか?と仏教を知るために何冊か本を読み、一番興味を持ったのが{十王の裁き}でした。中国の唐代に始まったとされる十王信仰は、日本では鎌倉初期に「地蔵十王経」が作られて根付いたとされる。
四十九日の時までの裁判については、それまでブログにあげてますが、その時には生前の罪を裁く十王と合わせ「守護霊として見守ってくれる」と記しましたが、これはイコール「本地仏」という考えが鎌倉時代に定着したとされます。人の罪を暴き立てるのが恐怖の裁判官である十王の裏方では、慈悲深い仏の顔があるという意味だそうです。


そして今日は百箇日。


平等王が、四十九日に最終的な判決が下ったにも関わらず継続審査を行います。今でいう「再審制度」ということですかね。それでも改心できなかったものを裁くわけですが、家族・親族により追善供養によりその罪は軽減され救済されるとのこと。そして本地仏(守護霊として見守ってくれる)は{観音菩薩}になります。


ぷさんの罪は、新聞屋さん・郵便屋さんなどの足首にくらいついた前科3犯に加え(笑)あとは何があるんだろうなぁ。けっこう・・・やらかしたよね(汗)


100日よ。この手でリアルおⅮを抱けなくなって、100日。


img20180602_100626.jpg

立っても


img20180602_100424.jpg

座っても


img20180602_100507.jpg

後頭部も


img20180602_100724.jpg

ねぞう悪くても


すべてが好きだった・・もとい、好きである。




img20180602_100538.jpg

飼い主である私に平気で駆け引きしてきても


一緒にいて面白くて仕方なかったし、晩年は愛おしくて仕方なかった。

一番の罪は、私を置いて行ってしまったこと?

犬だもん、先に死んじゃうのは仕方ない。そんなの100%に近い確率で看取ることは犬飼いになった時点でわかりきっていることだもの。逆に私に置いていかれてしまった彼らを想像すると、いつまでも探して待ってる姿を想像すると、やっぱりそれは可哀想でそんな想いをさせたくない。


ぽんちとピコと、会えてますか?

今日は新しいお花とおやつを用意するよ!


昨日と今日は、なんとなく寂しくてしかたない。
posted by: ぷうママ | 育犬 | 13:42 | comments(0) | - | - | - |
月命日☆ぽんち初&ぷう3回目
ぽんちがいなくなって1ヶ月。
ぷさんがいなくなって3ヶ月。
↑ぷさんに順番が違うとか文句言われそうだけど(笑)さすがにぽんちは初めてだからさと思って^^;;))



先月のぷさんの2度目の月命日は、ぶっちゃけぷうを偲ぶどころでは、なかった。


まだ!よ、まだ。
別に悲しみに浸ってジメジメしているわけでなく、言ってみりゃ〜けっこう頑張ってるよ<自分!って毎日暮らしてきたけど、まだ1ヶ月しか経ってない。こーーんなに長い1ヶ月は


ない


彼らと過ごした年月よりもすごく長く感じたひとつきでした。

だから、ぷうと別れてから3ヶ月しかたってないけど、ふとどこかすごく遠い前の出来事のように感じる時もある。さすがにまだぽんちはそこまで思えないけども。

帰宅したときの目線がヤツラがいたところではなくなって、だんだんお骨のおいてあるスペースに自然とチェンジしてきた自分に気がついた。家にいるのが辛すぎることもなくなった。

ずっと一緒に暮らしてきた日々よりも、いつどこにいても心の中で思い出している時間が多くなって勝手に話しかけていることも多くなってきた。

たぶん、死を受け入れて私の心のど真ん中に「移住」したんだろうなって思います。
移住ね、移住・・・うーん、単語だけでいうとヤツラの体がなくなって私の心に「融解」したと考えたほうが、今の私の心境には合点いくかも。


無駄にながーく感じたひと月だったけれど、こうやって時間が心境に変化をもたらせるのであれば、まんざら無駄でもなく長くて当然なのかもしれない。


だって、それだけの存在だったから。

簡単に哀しみを自己解決できるような相手ではなかったのだから。


今思い返しても「〇〇してあげたかった」「こうしとけばよかった」の類の後悔がないのが、彼らに申し訳ないくらいにない(笑)あるのは願望ばっかりかな〜「やっぱり○○に一緒にいけばよかった」とかENJOY系。


ぷさんが亡くなった時にブログで紹介しましたが


叶った出来事にも愛があり、

叶わなかった出来事にも愛があり、

同じくそこには愛があります。



この記事が私を救いあげてくれている1つなのだと思います。


ぽんちの初めての月命日。ぷうの3回目の月命日。
短期間で立て続けに愛犬を失った私の辛さは、自分でも経験値を逸脱していて未だ計り知れないけど、どちらかではなくフタリとも私が隣に寝転がっている時に旅立ってくれたという事実は、おそらく愛犬家としてはすごく「理想的」に近いほうだと思うんです。これもまた、這い上がれる1つ。ぼくのママならこういった1つ1つを増やしていけると、おDぽんは勝手に判断したんだろうな・・・そうでもなきゃ


やってらんねーだろ(←でた(笑))


朝逝ったぷさんと、夜逝ったぽんち・・・やっぱり仲悪いくせに(笑))
さ、お花とウマウマ買いにいくよー!
同じ23日が月命日で節約してくれたところは、まあ、褒めてやろう☆

がしかし!給料日前ってのは減点である!!


posted by: ぷうママ | 育犬 | 10:10 | comments(0) | - | - | - |
相変わらずイヤな男
明け方の夢にガッツリぷさんがでてきた。
晩年、愛おしく抱っこしてお散歩にいったそのままのぷうと私。

今朝起きた時に涙がでてた。マジ{セカチュー}じゃねーんだから!と苦笑い。
夕べ、ぷうでもぽんでもないとある男子ワンのことを考えて眠りについたもんだから、超スペシャルスーパー焼きもちやきのぷさんらしいぷさんそのままの行いだ・・・




めにみえないからってゆだんちてたらおーまちがいでつよ


はいはい、君が一番です



ちなみに写真は2008年6月・・・10年前!わっかっ!




posted by: ぷうママ | 育犬 | 10:10 | comments(0) | - | - | - |