PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
どこいこか?
お買い物はこちらから
←こちらから入っていただくと お買い上げ1%がぷう家に 寄付となります{クリック後→検索}
ポチッとお買い物☆
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
犬とキャンプとスノピと
昨日、2・3か月に一度しか会えないお友達に会いまして、彼女はペットロス歴10年っていうのをぷさんの介護中に知っていたから、昨日顔をみた瞬間にぷうぽんのことを話しました。こうやって涙なしに話せる時が来たんだって少し前進を感じます。その中で彼女はやっぱりキャンプに行けなくなったと話していたのでした。

そう、ぷさんが我が家にもたらした1番の影響は

キャンプ

でした、間違いなく。
その中でも憧れが強く自然の中で最も信頼できたのが


img20180415_120507.jpg
スノーピーク

おそばせながら今年のカタログを入手!毎年送られてきたのに今年はなかったのは、去年はなんも買ってないからか?(笑) 例年より更にぶ厚いのは《60周年》らしい。

ぷさんの老化による体調考慮とハルちゃんの合宿がミサの時代より1週間早まった事で、ここ2・3年ファミキャンから遠ざかっているのが、我が家の現状です。

ハルはキャンプの最中にコットの上で初めて{たっち}したしスケは生後10ヶ月でキャンプデビュー。ミサもランタンで手を火傷したのをひたすら隠し通し《親には言わなきゃ更に怒られる》事を知りました(笑) 私なんてキャンプのキャの字も知らない所からスタートしました。我が家の子供達が成長するにあたりキャンプの経験は素晴らしいものを植えつけてくれてます。カタログに


img20180415_120128.jpg

まさに!の一言。
危ないからと近づけないのではなく、何故危険なのか、どうしたらうまく扱えるのかを自ら体感するチャンスをたくさん与えてくれました。


緑色のコールマンがキャンプサイトの8割以上を占めてた当時、ベージュ×エンジのスノーピークの幕を張る私の高揚感というか、なんていうんだろな。それから数年後には“ピーカー”と言われてもおかしくないほどつぎ込んだんですが、その割にあっさり山に路線変更。嫌いになったわけじゃないんだけど、時代と共に変わったデザインや私が望むものに対価すると手がでない。その価格を出すなら海外ブランドの方が安くて《使える》ものはいくらでもあると山を知って気づいたのです。

私にとって今年のカタログは、新製品を始めとしたラインナップより、創業者から現社長のエピソードの方が学びになりました。ま、高すぎる価格設定に手がでないのもあるし、山用にもでてるんだけど食指が動かないのもあり。決して嫌いじゃないんです!!(笑)


img20180415_120153.jpg
1980年代のロゴマーク

背景に山が描かれてるんですが、この山のモデルは谷川岳なんですってYO!初めて知りました。創業者が谷川岳を愛しているのはピーカーならば誰もが知ってるとは思いますが。

なれば!!私にとっても谷川岳は思い入れがあるし 60th anniversaryのこのマークで発売されてるの、買ってしまおうかな・・・



img20180517_111416.jpg

買ってしまつた(笑))


しかもチタンデビュー


裏面の柄は

img20180517_103728.jpg

なんか3種類あったんだけどここはやっぱり mountain っしょー!!

いま web site みたら売り切れてますね(嬉←性格わるっ(笑))


男体山で初めてザックに引っ掛けて使ってみたんですが(これまでもこうやってる人をたくさん見かけたし雑誌のモデルとかでもよくいるんだけど、ほこりつくよね?とか思ってやったことなかった)、やっぱりほこりついてウェットでふかないと飲み物なんて注ぐ気にもなれなかった!しかもシャカシャカ金属音が擦れる音が気になって、もう外付けはないと思う(爆))


そのスノピなんですが思わぬ所に発見!!


img20180517_103834.jpg
まさかの南アルプス炭酸水共同開発!!


新潟が本社だし、新潟にはたっくさん名山あるのに?(笑)

ま、それは置いといて。。


キャンプね〜〜。


犬がいないキャンプなんて、不自由さがなさすぎてどうなんだろ?バリバリの時代は「ここはぷうぽんがいるから行けないよ!」とかそこから現地リサーチ始まってたのに。だから今ならどこのキャンプ場でもどの観光地でも好きに選べるのに、そうやって考えてみるとそれって



やっぱ、つまんねーな!!


posted by: ぷうママ | 育自 | 08:10 | comments(2) | - | - | - |
今年目指す山その1
今年、年賀状にも書いたんですが


img20180517_103804.jpg
{南アルプス}


去年の秋にはツアー申込んでおいたんです。
ぷうぽんのお世話係としてミサに予定を空けてもらいました。ぷさんが旅立ちぽんちだけならミサがいなくても実家にでも頼んでおけばさほど問題はないと楽観的でいたらガタガタと崩れ始めこの調子じゃ3日間も頼めないからといったんはキャンセルを考えていたんですが、そんな手配をする余裕すらないくらいにぽんちは更に私の全神経をくぎ付けにした挙句にあっという間に旅立ってしまい、、残されたものは申し込んだままのツアーたち。去年は山に行こうとすると痙攣を起こしたぷさんだったので数回計画していた山にもいけずだったのに、年が変わればなんてこった(笑)

今まではなんとなくは{日本の標高TOP10}{穂高コンプリート}{富士山4ルートコンプリート}あたり。その後は《都道府県の1番高い山》をと漠然と思っていたんです。ですがぷうぽんが空に帰り、目標が突如明確に。


久々に山雑誌を入手。バックナンバーですが↓


img20180415_120603.jpg

日本の3000m峰 全21座踏破


雲の上にいるのなら、とりあえず日本の高いところに片っ端からいって呼んでやる!!

そんな幼稚で短絡的な想い( ̄▽ ̄;)

3年以内でいけるかなぁ。3年後はヤマノボリ10年目だし節目にもなる。
この間の男体山とか谷川岳とか、2000m前後でも雲海は見渡せるんですが、基本怠け者なんで《少し背伸び》したとこを目指さないと前向きになんて難しい時もある。むろん、谷川だって男体山だってけっこう厳しいんです!!けれどもさらに余裕がなくなるくらいの山行じゃないと、悲しさにやられるときがあるって、やっぱり男体山で確認できました。

posted by: ぷうママ | 育自 | 11:03 | comments(0) | - | - | - |
反対の立場
気がついたらここ2・3日は涙も出ない。
自称「ペットロスじゃないぜ」と思ってます←イヤイヤイヤ、君はじゅうぶん(笑)って突っ込みが入ってそうな感じはしないわけでもないけど、してないと思います。
仕事は一生懸命してるし車もぶつけてないし。ただ、5月になりもう10日もたったんだね?ってどこか他人事というかそんな風には思います。そんな中でも実は本を数冊読んでまして何を読んだかというと、4月5日にこんな記事 を書いたんですが、これを機にちょっと学ぼうかと思い


img20180510_100101.jpg
仏教

池上彰氏の本なら私ですらきっと理解できると思って読んでます。変な宗教に走る(笑)とか思わないでくださいね・・事の発端は

来世とかってあるのかな?
姿・形が変わってもまた会えるのかな?
因果応報はあると思うけど輪廻転生って本当にあるのかな?

から始まりました。
それがもしかしたら人間が自分が楽になるように都合の良い世界を創り上げているだけの話かもしれない。けど、それでもそれすらにすがりつける場所がなければ、悲しみの淵から這い上がることができない

そんな疑問からちょっと読んだんです。


img20180510_093323.jpg

こっちの本は、ぷうの死をきっかけに知った「十王裁判」「十三仏」についてすごく興味を持ったのでよく記されていると書かれていたから読んでみましたんですが、イラストがふざけてる(笑)のが笑えるんですが、著者はあの‘はらたいら’さんの唯一のお弟子さんのようです。


仏教の世界。正直、半信半疑です。まだ一度しか読んでないからまた読まないと理解までいかないし本を何冊か読んだだけで納得できるほど浅くない。でも!少し心境の変化が生じたのか突如「立場を変えてみよう」と思ったのです。


もし家族(ぷうぽん込み)を遺して私が先に死んでしまったら・・


って考えたときに、やっぱりいつまでもくよくよしてないで1日でも早く笑って、自分らしく過ごしてほしいなと(でもちょっぴり最初くらいは泣いて悲しんでほしい・・っつか、くれないと困る(笑))

あと、もう「死」はどうやったったって避けられないんだからしょうがない!と思ったんです。


私の中で「しょうがない」ってあまり好きじゃないんだけど産まれた瞬間から死に向かって生きてるんだって、改めて本を読んで‘確かに’って思った・・なんか分かってるようでわかってなかったのかも。

ぷうやぽんちが姿はなくてもこうやって今もなお私に学びを導いてくれる原動力になるということは、おそらく私が生きている限りはずっと彼らが心の中に生きていてくれるんだと思う。


img20161223_000434.jpg
2016 christmas

img20161222_073837.jpg
2016 chirstmas


君たちは私の永遠のサンタとトナカイさん。だがしかし!これはキリスト教のお祭りだし(笑))


共に戦った(と思ってます){ずっとそばに}の社長(Mダックスさん)が旅立ちました。
ひなたさんと二人三脚で頑張ったんだもん・・しっかり社員の誕生日を祝い休暇を選んで逝く姿に、なんかアッパレ社長!!って、泣けてきました。ようやくこっちで泣かなくなってきたのに、ずるい社長です。しかも、本名が「ちゃげ」ちゃん!!ミステリアスで戦略的な社長の腕前はほんとズルいねー(笑)

ぽんちに気をつけてね!!
おいしー隠さないとすぐカツアゲされるから--;))
ぷさんはいっけん怖いけどフェイクだから大丈夫(^^)v


老犬介護が大変とかよく聞くけど(確かに大変な時もあるが)、それよりもね・・本当の大変ってここからなのよ。。

頑張ろう。
posted by: ぷうママ | 育自 | 11:03 | comments(0) | - | - | - |
地獄のGW最終日
スケが命名したこやつ↓


img20180506_094504.jpg
トコロザワ

ずっと二階にいたのにここ数日はリビングに転がってる、、から寝るとき横に連れてきてやった(笑)

腕枕してやったりギュって抱いてやるが、ぷぽの代わりには慣れず私に怒られる始末。トコロザワという名前といい理不尽に怒られたりでイミフすぎて可哀想なヤツとは思うけど、役たたない割りにたまーに私に連れられていったりきたりしたりテレビをみたりしてる。少しは役にたってるらしい。


今日は陣馬山から高尾まで歩こうと思ってたのに夕べから体が動かず。朝起きれたら行くつもりが夜中3時過ぎに変な夢(母から電話で「ベッドで死んじゃってる」といわれ誰が(; ̄Д ̄)?と言ったとこで目が覚めた) という目覚め最悪だったので更に気分が乗らず裏高尾縦走は取り止め。


明日月曜日だから今日は二七日←ふたなのか(死後2週間。簡単にいうと2回目の7日間ね)


img20180506_094702.jpg
いないいないでつ


昨日の譲渡会で色々考えさせられることが沢山あったのに、自分に吸収するにはもう少し時間がかかるようだ。


img20170425_205256.jpg
2017.4.25


1年前のこの日、1年後にフタリ揃って目の前からいないとは微塵にも思わず。結局、今年はお雛様も兜もだせなかったな。


img20180506_094804.jpg
介護マットから落ちそうな要介護犬と、この頃は元気だったはずのセンターとってるただのシニア犬(笑)


昨日買えなかった柏餅、ぷぽのためになら買いにいかねば!!
posted by: ぷうママ | 育自 | 10:29 | comments(0) | - | - | - |
気づかなかった涙
今朝、久しぶりに朝ジョグしました!
ぷさんが朝起きて前足パタパタして私を探すために朝は走るのを止めてました。早朝しか走れないルート、アプリで確認したら2016.7.31以来でした。

我が家で1番ロングのGWだったとーちゃん、今日から出勤!こんなに二人で過ごしたGWは結婚してから初めてじゃないかな??とはいえ、在宅してると寂しさにぢわりとやられてくる私のためにいそいそ買い物や


img20180504_085000.jpg

コインランドリーにいったり。
軽い気持ちでいられた代償にお財布も比例して軽くなりました(;゜∇゜)
それでも昨日はちょっと冴えなかったな。今日は今朝から頑張ったから1日あげあげでいられるといいんだけど。


改めてスマぽんの画像の整理をしてたら亡くなる1時間程のぽんちが


img20180504_085656.jpg

どうにか少しでも口から食べさせてあげたい一心だったから気がつかなかったけど、ぽんち、涙でてたんだ

辛い?苦しい?
そんな顔はしてないね。

そうね、別れたくなかったね。


もちろん、ママもだよ。

今になって改めて気づく、、大好きすぎた。
posted by: ぷうママ | 育自 | 09:25 | comments(0) | - | - | - |
どんよりとニンマリ
今日から5月!


img20180501_081539.jpg

10日前は自宅で点滴をするためのレクチャーを受けるんだ!と意気込んでた日。たったの10日間、、うーん。

こんなに辛い10日間は、経験したことない。


今日の仕事もはんぱなかった。
帰宅したらとーちゃんがパソコンの設定をしてくれてた!


img20180501_133644.jpg

はんぱない可愛さ(笑)
ステッカーは必ず予備も買ってたからね。


もう、泣くのも疲れた。

そんな5月のスタート

posted by: ぷうママ | 育自 | 14:19 | comments(0) | - | - | - |
言ってはならない一言
我が家で1番ロングなGWのとーちゃん、今日からスタートしました。私も今日はオフなので何もせず。ちなみに昨日は頑張ってジョグ7キロしました、、私にとって走る以上に苦しい鍛練はないので気持ちじゃなく体が苦痛を感じれば、現実が少しはマシになるかと思い久々に走りました。それなりに暑かったから汗もかいたし必死に頑張った!
帰宅してシャワー浴びて待ち犬いない部屋に入ると、まぁ、汗かいても涙は出るし体が辛くても心の辛さはまったく異種なんだな、と人生未知数と知り、そして午後は引きこもり廃人となったGW初日。


今朝は気分転換させるためだろうけど、とーちゃんに朝から連れまわされ


img20180430_130501.jpg
モーニング

私がコーヒー半分は飲めないなんて、やはり調子悪いのかと改めて知る。でも徒歩だったし天気もいいからわりと軽い気持ちになれてる実感はあった♪その後は私のパソコンがやはりダメなため中古でもいいから買いたいから店を回ろう!と出発。思いの外、一軒目であっさり決定←しかもおニュー

事件はその時に起きた!!

店員さんが在庫確認に行ってる最中に、私はスマホのマイクロSDがもう容量いっぱいだから新しいのを選んでました。


img20180430_130431.jpg


今まで通り32GBのをみたら思ったより高く感じたので16GBを2枚とかよりはお得だし、、と迷っていたら隣からまさかの一言


「もう犬撮らないんだから大容量いらないじゃん」


((((;゜Д゜)))


( TДT)


いきなりスイッチ入り悲しいとか辛いより店内での涙をこらえたぶん胸が苦しくなる始末(∋_∈) 確かにスマホカメラの出番は減るいっぽうには違いない。。

この1週間、、必死で生きてきたわりにあまり記憶がない。。頑張ったんだけどなぁ。


posted by: ぷうママ | 育自 | 16:40 | comments(3) | - | - | - |
明けない夜はない
生まれて初めて目が覚めた時に

また朝が来てしまった

と、思った。
月曜の朝とかの{はー、また1週間かぁ}とは明らかに違う。
昨日なんとか仕事してなんとか生活できたのに、また朝になると1からか、、と。朝起きてぷぽのいない世界に慣れるのは、いつになるんだろう?

ぷぽに気を使って不自由に寝ていた寝相事情も、やたらと広すぎる布団に戸惑いこじんまり寝る(-""-;)

夕べミサに執拗に誘われ(笑)久しぶりにウォーキングにでて、意外とスッキリして寝たのに。{明けない夜はない}ってホントだわ。

今朝のスケ。食べ終わりが当たり前


img20180427_075705.jpg
ぽんちはこの1カケの為に朝は入魂してました(笑)

そうそう!昨日の柵のこと。柵を設置する数日前の画像を出してなかった!周り見ないで至るところをペロペロしてるから


img20180427_080049.jpg

捨てようと思って置いといた缶コーヒーの紙カバーに頭を突っ込み


img20180427_080117.jpg
ママ、わらってないでとってくださいでつ

本当に、可愛い(笑)
ぷうは絶対にこんなヘマはしなかった!



(笑)



今日でいったんブログ村から撤退します。
村から見守って下さった皆さま、本当にありがとうございました。村とか関係なく(笑)遊びにきてくださった皆さま、ま、しばらくは書き続けますのでこれまで通りのお付き合いのほど、宜しくお願い致します♪


ヤツラがこんな風に


2009.01


2009.01

人の気も知らずかっとんでくれてることを願いつつ




またいつか!のポチ→にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by: ぷうママ | 育自 | 09:00 | comments(0) | - | - | - |
何が悲しいのかすらわからない
昨日の雨。
ツアーをキャンセルしてなければ、精神的に負荷がなくても滑落してたかもしれない。裏妙義の晴れてても危険らしいクレイジーな山。おそらくあの雨じゃツアー自体の山は変更しただろうけど、ママは代金払ったならそこに行きたいと思うほうだから。
ぽんちの計らいかな?

沢山の応援とコメント・メールありがとうございます。本当に救われる思いです。もう少しだけお返事お待ちくださいm(__)m


ブログ村の場所を変えなきゃとか
このブログをクローズするか、とか考えつつ。
それよりなにより

もう犬は、無理だ。

って言ったらハルちゃんが
《預かりやれば?子犬にしてよ!20時半過ぎに帰宅して可愛い〜!ってワチャワチャして、寝て、朝起きて可愛い〜!ってワチャワチャして6時にいってきまーす!ってでるから、、(笑)》

ママは多分もう飼わない。しかも犬の中でも子犬なんて絶対ない!ってわかってるから言うんだよね(笑)ハルが引退してガッツリ在宅したら考えてやるよ!って言ったら

うん、子犬はね、ちょっと大丈夫((((;゜Д゜)))

今尚、子犬から飼わなきゃダメ説が濃いこの国において、子犬はデビルだから無理と言えるJKはそうはいないぞ(笑)

このブログはぷぽはメインだけど家族のことや自分の軌跡をも書いてるからクローズすることはないかもだけど、ぷぽいないのに?とか四十九日や一周忌まで?とか。


img20180422_093331.jpg

キッチンの手前の柵。
ぽんち用にタイルカーペットも1枚。
ぽんちが執拗にフローリングを舐めることをした昨年末頃から柵をしてたんだけど、イチイチ足元うろうろして蹴ってしまったり、フライパンから具が飛び出した時にぽんちと瞬発力を競ったりしてたのに、今日は何が落ちてもぽんち拾って(食べて?)くれないし自分で拾うのが苦痛。柵なんかして出入り禁止にしたら柵の向こうからよく見つめてきてて

なんで柵なんてしたんだろうな

って。11年好きにさせてたのに最後の2・3ヶ月はとおせんぼしたの。《柵なんて、もういらん》ってすぐ撤去したけど、なんて浅はかな事をしてしまったのか。


ハルもスケも、生まれた時から犬がいて犬と暮らす世界だったのに、気丈にしてます。《子供は強いね》って友達に言ったら

どこかで泣いてるかもよ?

って言われてハッとしました。
私の前だから泣けないんだ!
ミサは通学中電車で号泣とか、最期の日は夕方からバイトは行ったくせに朝からの大学には行かずぽんちの隣で話したり泣いたり、寝たり寝たり寝たり(笑)
特にハルは、母親がこうだから悲しみこらえ頑張るしかないんだ。

昨日とーちゃんが夕方コンビニにタバコ買いにいくっていったから

ぽんち、連れてけば?

ってさらっと言った。そして気づいて


落ちた(TT)orz


「おDがいるからぽんちちょっと待て!とか、もっと大切にしてやれば良かった」

とか、私に言わないでくれる!?


そんな事はわかってる


img20161216_133228.jpg


img20161216_133202.jpg


ぷうが歩行困難になってからぽんちにチェンジして数年間は毎朝お散歩にいってたんだから。。とーちゃんも、辛くないわけがない。


img20161117_055006.jpg
ぼくのくつちたじゃないでつよ


感情の起伏が激しくて、脳が心についてかないのか、心が脳についてかないのか。ずっと平常心だったのに突然悲しみのスイッチが入り涙がでてくるけど、何が悲しいから今涙がでてるのか?すら、わからない昨日。

今日から仕事だから、少しずつ戻せるといいな。
ね、ぽんくん!


img20161117_054915.jpg
とーちゃんの靴下履かされた後の顔、、わかりやすっ(笑)


とにかく、見るもの全てにぷぽのいた思い出が散乱してて困る。

ぽんちまで逝かれたのは、ちょっと強烈すぎた。
でも多分、今はまだ序の口なのかもしれない。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by: ぷうママ | 育自 | 07:44 | comments(3) | - | - | - |
涙も出なくなった私について
泣かないで済んだ2日目になりました。
だんだん涙が少なくなるにつれて、ぷうを忘れた訳じゃないのに薄情なのだろうか、でも泣くことが忘れてない証なわけじゃない。そんな葛藤すらわいておこりました。

好きな歌に


いつかは君のことなにも感じなくなるのかな
今の痛み抱いて眠る方がまだいいかな



改めていま聴くと骨の髄まで染み入ります。

スマホの動画も、最後に歩いた時やぽんちと一緒に行った散歩の時などなんだろうな・・不思議な感覚を覚えながら懐かしく愛しくみてます。1人でぷさんを撮ってるんですが、少しの段差によろけたり急に転びそうになると私が慌てながら怪我させないように助けようとする様が、画面ブレブレで地面とか空とか映ってるんだけど私の声がね、ぷうを呼ぶ声、あらららら!って駆け寄る声とかが本当に幸せな声を発してて

歩けなかろうがなんだろうが、私はぷうと一緒にいてこんなに幸せだったんだ

って今更ながらに切に思いました。

ただね、発作の様子もいくつか動画に残してあるんですが(病院で先生に見せるために撮ったもの)、これは観ることができません。

こんな苦しい思いをしてたんだ。
何度も何度も、頑張ってくれたんだ。

苦しい時のぷうでも、確かに生きてた時のぷうだから、消すことはできないだろうけど。


私が感じることができたこの前のぷさんは、ちゃんと足音が聞こえたから自由に歩けてるんだろうし(しかもこたつにもしっかり入ってる)首輪の音まで聞こえたからしっかり若返ってるってことよね?(晩年、痩せ細り首輪すら重そうで外してた)

これがね、私を凄くラクにしてくれたんだと思うのです。もう苦しくないし自由自在で動けるんだって。

実はこの日の昼間に私がハルちゃんに

あの時さ、ぷうって本当に動かなかった?
しばらく温かかったし実は生きてたんじゃないかな?

って話してたんです。
ハルちゃんははっきりと

ママ?ぷうは死んでたよ

ってストレートに答えてきた。あの日から誰一人「死」の単語を使わなかったのに、敢えて使ったハルの想い。そしてその夜ぷさんがでてきて私を《納得》するしかない状況を作ってくれたのかしらって思いました。


img20180226_194942.jpg
アルファベットの《P》がないらしいから☆型のキーホルダーをつけました。趣味的にはつや消しシルバーの方が好きだけど、ここは輝くゴールドで。


ぷさんのお骨は、私が死んだら北アルプスの女王“燕岳”に撒いてくれ!と頼んであるのでその時に一緒に!と思ったけど、富士山の日にお空に帰ったぷうにあやかりやっぱり燕より富士か?とガチで悩んだりしてます(笑)ま、散骨云々は許可とか家族の都合もあるからビミョーですが、とりあえず普通にいってお墓に入れるなら《絶対にぷうぽんは私と一緒に納骨するよう》遺言してあります。とりあえず毎年富士山に登らないとな〜とは思いました。

悲愴

より

悲壮


でありたいと願う。


にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ

posted by: ぷうママ | 育自 | 21:52 | comments(0) | - | - | - |